所定の介護状態になった場合に、
一時金を一括現金で受け取れます。
公的介護保険ではカバーされない介護の初期費用など自由に活用でき、経済的負担を軽減できます。

現金ではなく、介護サービスが給付されます。

介護サービスを受けるには自己負担1割~3割が必要です。

介護度と介護の状態によって受けられるサービスが決まってきます。

●40~64歳の方は一定の条件を満たさないと受給対象になりません。例えば、交通事故などで介護が必要になってもサービスは受けられません。

出典:生命保険文化センター平成27年度「生命保険に関する全国実態調査」

東京海上日動の定める基準を満たせば公的介護保険制度で介護認定されていない方でも、補償が受けられます。
介護の必要度合いが軽い段階から補償を受けたい方におすすめです。
加入年齢は満20歳~74歳までと幅広い年齢をカバー。
公的介護保険制度の受給対象外となる
若い世代の万一の介護にも備えられます。

がん(悪性新生物、癌、悪性しゅよう、肉腫、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫を含み、上皮内がん(上皮内新生物、上皮内癌、CIS、CIN3、子宮頚部の高度異形成を含む)を除く)

心臓病(狭心症、心筋梗塞、不整脈、心房細動、心室細動、心不全、心筋炎、心筋症、心肥大、弁膜症を含む)

脳卒中(脳出血、くも膜下出血、脳梗塞、脳血栓、脳塞栓を含む) 肝硬変 慢性肝炎 慢性気管支炎

肺気腫 慢性腎炎 腎不全 糖尿病(高血糖・糖尿病の合併症を含む) 白内障(手術を行った場合を除く)

緑内障 両眼の失明 加齢黄斑変性症 精神の病気(アルコール・薬物依存を含む)

脳・神経の病気(アルコール・薬物依存を含む)認知症(アルツハイマー病を含む)

膠原病(全身性エリテマトーデス、リウマチ、皮膚筋炎、強皮症、多発性動脈炎を含む)

(骨折歴を伴う)骨粗しょう症 関節炎(リウマチ性、変形性)

厚生労働省指定の難病(指定難病に対する医療受給者証の交付を受けている方)

転倒による骨折※転倒による骨折とは、例えば歩行中や階段の昇り降りにおいてご自身で転倒したものを指します。

※1つでも該当する場合はお申込みいただけません。

がん(悪性新生物、癌、悪性しゅよう、肉腫、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫を含み、上皮内がん(上皮内新生物、上皮内癌、CIS、CIN3、子宮頚部の高度異形成を含む)を除く)

心臓病(狭心症、心筋梗塞、不整脈、心房細動、心室細動、心不全、心筋炎、心筋症、心肥大、弁膜症を含む)

脳卒中(脳出血、くも膜下出血、脳梗塞、脳血栓、脳塞栓を含む) 肝硬変 慢性肝炎 慢性気管支炎

肺気腫 慢性腎炎 腎不全 糖尿病(高血糖・糖尿病の合併症を含む) 白内障(手術を行った場合を除く)

緑内障 両眼の失明 加齢黄斑変性症 精神の病気(アルコール・薬物依存を含む)

脳・神経の病気(アルコール・薬物依存を含む)認知症(アルツハイマー病を含む)

膠原病(全身性エリテマトーデス、リウマチ、皮膚筋炎、強皮症、多発性動脈炎を含む)

(骨折歴を伴う)骨粗しょう症 関節炎(リウマチ性、変形性)

厚生労働省指定の難病(指定難病に対する医療受給者証の交付を受けている方)

転倒による骨折※転倒による骨折とは、例えば歩行中や階段の昇り降りにおいてご自身で転倒したものを指します。

※1つでも該当する場合はお申込みいただけません。

新規加入年齢:満20歳~満74歳 保険期間:1年間(79歳まで更新可能)

●公的介護保険制度要介護2以上の認定を受けた場合または東京海上日動所定の要介護状態(要介護2相当)と診断され、その状態が90日を超えて継続した場合に介護給付金を一時金で支給します。

ご夫婦や配偶者だけでもお申込みいただけます。

●初年度の補償開始日は見積りページにてご確認ください。

●年齢は、団体契約の始期日時点での満年齢となります。

●保険料率改定により、保険料が変更となる場合があります。

本保険にご加入いただきますと、以下のサービスがご利用いただけます。日常生活の悩みからもしものときまでお客様をバックアップ! 詳しくは、ご契約後にお届けする「サービスのご案内」をご覧ください。

デイリーサポート

法律・税務・社会保険に関するご相談にお電話で対応。また、暮らしのインフォメーション等、役立つ情報をご提供します。

メディカルアシスト

各種医療に関するご相談にお電話で対応。また、夜間の緊急医療機関や最寄りの医療機関をご案内します。

介護アシスト

介護に関するご相談にお電話で対応。また、高齢者の生活を支える各種サービスを優待条件でご紹介します。

ご不明な点はこちらをご確認ください
FAQを確認する